?
?

74-

これまでの例会


昨年度以前の例会はこちら


○2017〜2018年度 現代史研究会 7月例会

日時:2018年7月14日(土)13:00~
場所:東京大学本郷キャンパス 法文1号館1階114教室

第1報告:犬飼崇人氏(学習院大学文学部史学科助教)
 報告題目:「フランス第三共和政期の林間学校活動から見る児童の貧困と衛生」
 コメンテータ:上垣豊氏(龍谷大学)

第2報告:松本祐生子氏(東京大学大学院人文社会系研究科博士課程)
 報告題目:「戦後スターリン期の祭典 モスクワ800周年記念祭を中心に(仮)」
 コメンテータ:瀧口順也氏(龍谷大学)


○2017〜2018年度 現代史研究会 6月例会

 日時:2018年6月16日(土)14:00~17:00
 場所:早稲田大学早稲田キャンパス 16号館106教室
  合評会 橋本伸也編著『せめぎあう中東欧・ロシアの歴史認識問題――ナチズムと社会主義の過去をめぐる葛藤』(ミネルヴァ書房)
  コメント:西山暁義氏(共立女子大学)、篠原琢氏(東京外国語大学)
  リプライ:橋本伸也氏(関西学院大学)ほか分担執筆者


○2017〜2018年度 現代史研究会 4月例会

日時: 2018年4月22日(日) 14:00 ~
場所: 東京大学本郷キャンパス 法文1号館319教室
報告題目:「ナチスによる強制断種・『安楽死』の過去と戦後ドイツ-犠牲者および遺族に着目して-」
報告者:紀愛子氏(日本学術振興会特別研究員PD)
コメンテータ:小野寺拓也氏(東京外国語大学)

       

○2017〜2018年度 現代史研究会 3月例会

日時: 2018年3月25日(日) 14:00 – 17:00
場所: 明治大学駿河台キャンパス 研究棟4階第1会議室
内容: 川越修・矢野久著『明日に架ける歴史学』書評および著者リプライ
     >書評者 高岡裕之氏(関西学院大学)

(*科研費・基盤研究(C)「東ドイツ社会国家にみるセクシュアリティと政治の関係性」 (研究代表者:水戸部由枝、研究課題番号:16K02051)との共催 )



○2017〜2018年度 現代史研究会 2月例会

日時:2018年2月23日(金)、15:00-18:00
場所:共立女子大学本館11階、1140講義室
講演者:レベッカ・ハーバーマス(ゲッティンゲン大学教授)
題目:Religious Mission in Global History: Knowledge Making in Colonial Times (英語による講演)
要旨:This paper argues that the role mission played for the making of modern knowledge has to be reevaluated. During the long nineteenth century European and American missionaries, be they catholic or protestant, began to build up a world-wide web of mission stations, connecting remote areas within different regions out and inside of Europe. One connected via mission newsletters and journals, this web not only helped to spread Christian faith and Christian rituals to the colonies. It also served as a network of various kinds of knowledge, gained on the ground by the missionaries who had to learn the language in their mission field as well as to gain a basic understanding of the respective community. They wrote entire language manuals and grammar books of thousands of until than in Europe unknown languages, they studied rituals, and observed natural phenomena in all parts of the world. This new world of missionary knowledge has not remained without influence on the making of new academic disciplines such as anthropology, religious studies botany and tropical medicine, all coming into being around 1900. However, missionaries not only had to offer an add-on to these disciplines, it shaped and reshaped some of them in a particular way and therewith contributed to modern epistemologies.
Having a fresh look at these contributions from a global history perspective offers new insights into the global dimension of modern knowledge production in the long nineteenth century. At the same time, it opens up new questions concerning the religious or vice versa secular dimension of these modern epistemologies.

講演者プロフィール:Rebekka Habermas is Professor for Modern History at the Georg August University Göttingen, Germany, since 2000. She received her PhD from the University of Saarbrucken and her habilitation (Frauen und Männer des Bürgertum. Eine Familiengeschichte, Goettingen: Vandenhoeck Rupprecht 2000) at the University of Bielefeld. She was guest professor at the EHESS, Paris and at the Université de Montréal; Richard von Weizsäcker Fellow at St Antony’s College/Oxford; Theodor Heuss Professor at the New School /New York. Her research fields are the social and cultural history of 19th century Germany, criminal history ( Thieves in Court. The Making of the German Legal System in the Nineteenth Century, Cambridge: CUP 2016) and religious. Her most recent research deals with colonial history (Skandal in Togo. Ein Kapitel deutscher Kolonialgeschichte (Frankfurt: S. Fischer 2016) history of missions and the history of colonial knowledge.



○2017〜2018年度 現代史研究会 12月例会

日時:2017年12月9日(土)14:00~
場所:東京大学本郷キャンパス、法文1号館114教室

報告者:田村円氏(東京大学大学院)
報告題目:「ホロコースト後のドイツ人とユダヤ人の相互理解の試み―カール・マルクス(1897-1966)の戦後初期の取り組みから」
コメンテータ:武井彩佳氏(学習院女子大学)


○2017〜2018年度 現代史研究会 会員総会および11月例会(合評会)

日時:2017年11月18日(土)13:30~
会場:明治大学駿河台キャンパスリバティタワー7階 1075教室
1. 総会  13:30~14:00
2. 合評会 14:00~17:00
 〇クリストファー・クラーク著、小原淳訳『夢遊病者たち-第一次世界大戦はいかにして始まったか』(みすず書房、2017年)合評会
 評者:西山暁義(共立女子大学)、渡辺知(東海大学)
 リプライ:小原淳(早稲田大学)

*****************************




MENU

トップページ

概要
 会則
 会費
 入会方法
活動内容
 これまでの例会
 会からのお知らせ
会誌『現代史研究』
 最新号
 バックナンバー
 投稿原稿の募集要項

リンク top.html regulation.html fee.html member.html news.html latest.html backnumber.html apply.html link.html shapeimage_2_link_0 shapeimage_2_link_1 shapeimage_2_link_2 shapeimage_2_link_3 shapeimage_2_link_4 shapeimage_2_link_5 shapeimage_2_link_6 shapeimage_2_link_7 shapeimage_2_link_8 shapeimage_2_link_9

リンクフリーですが、リンクを張る場合はご一報いただけると幸いです。

推奨ブラウザ:Internet Explorer5.0以上

Copyright (c) 2002-2018. Society for the Study of Modern History. All rights reserved.

E-mail: gendaishiken [ at ] gmail.com

?
inserted by FC2 system